手数料で損をしないためには?外貨両替の「手数料」

手数料で損をしないためには?外貨両替の「手数料」

外貨両替をするためには、必ず「手数料」が発生します。この両替の手数料は、いつでもどこでも一律…というわけではなく、両替する場所や両替方法によって異なります。しっかりと理解して比較をしない状態で両替をしてしまうと、思わぬ形で損をしてしまうかもしれません。外貨両替の手数料で損をしないで済むように、しっかりと知識をつけておきましょう。

外貨両替の手数料とは?

例えば日本国内で、1万円札を「1,000円札×10枚」などに両替をする場合、基本的には手数料はかかりません。しかし、1万円札を外国の通貨に両替するには手数料がかかります。外貨に両替する際に発生する手数料の徴収方法には2種類あり、両替する金額によって使い分けた方がお得になることもあります。

従価方式

「両替金額の何%」という具合に、両替金額全体に対する割合で手数料を徴収する方式です。両替金額が大きくなればなるほど、手数料の額も上がっていきますので、小さな額を両替する場合はこちらの方式の方が若干お得になります。

従量方式(定額制)

「1回の両替につき○○円」という具合に、両替金額は関係なく、1回の両替に対して固定の手数料が発生します。この手数料の額は、両替所によって異なりますが、大きな金額を両替する場合は、こちらの手数料方式の方がお得ということになります。

外貨を両替する場所によって手数料が異なる

さて、この両替手数料ですが、両替する場所によって手数料の額は異なります。 国内に限って言えば、一番手数料が高く設定されているのが銀行です。以下、手数料が高い順に並べると、おおむねこのような順になります。

銀行>郵便局>空港内の両替所>両替専門店>金券ショップ

手数料だけを比較すると、金券ショップで両替をするのが一番お得なように感じるかもしれません。しかし、銀行は高い手数料を徴収するだけあって、しっかりと偽造通貨の鑑定を行っているので、最も安心して両替ができる場所といえます。反対に、金券ショップは手数料は低く設定されている代わりに、一度に両替できる金額が制限されていたり、偽造通貨の鑑定機が設置されていない店舗もあるので、確率はそう高くないかもしれませんが、偽造通貨をつかまされるリスクがあります。もし、金券ショップで外貨両替をする場合は、鑑定機が導入されている大手のショップを利用する方が安心です。

海外で外貨両替をする場合

一般的に、米ドルやユーロ以外の通貨を両替する場合は、国内よりも現地で両替をした方が有利とされています。海外で両替をする場合、どこで両替をするのが良いのでしょうか?

海外で日本円から現地の通貨を両替する場合にも手数料は発生し、一般的には、
ホテル>空港>銀行>両替所
の順で手数料が高いと言われています。街中の両替所については手数料に大きな開きがあり、「手数料無料」と謳っていても、レートがとても悪いこともあるので注意が必要です。

また、特に治安が不安定な地域では、「レートが良さそうだから!」という理由だけで、街中の両替所で両替をすると、日本では考えられないような両替詐欺に遭ってしまう可能性も…。そのような地域では、銀行、空港、ホテルのような信用度の高い場所で両替をした方が良いでしょう。

FXの外貨両替の手数料

ここまでは自分の足で両替所に行って外貨に両替をすることを前提に、手数料について書いてきましたが、外貨両替に於いて手数料だけを比較した場合、「FX」での両替が最もお得となるケースが多いようです。

FX業者の外貨両替の手数料は、安いところでは1米ドルあたり「0.03円」というところもあり、銀行や両替専門店、金券ショップなどと比較すると圧倒的な安さです。FX口座開設も無料だったりするので、一見「とってもお得」に見えるかもしれません。
しかし、外貨を銀行口座で受け取る際に、リフティングチャージという手数料がかかったり、外貨を引き出す時には引き出し手数料がかかったり…。両替手数料が安くてもその他の手数料が必要となり、両替する額によっては、銀行などの窓口で両替をした方が余計な手数料がかからない分お得になることも。また、急な両替には対応できないため、すぐに両替したい人には向かない両替手段です。

このようなことから、FXは「誰でもお手軽に使える両替方法」とは言い難く、FXと全く無縁の生活をしている人には手間と時間がかかってしまうデメリットばかりが際立ってしまうかもしれません。
ただし、「既にFX口座を持っている」「”10万円以上”というような、比較的まとまった額の両替をする」「出発までの時間に余裕がある」という人は、FXでの外貨両替を検討してみても良いかもしれません。

まとめ

外貨両替をする際は、手数料を比較してお得に両替をしたいものですが、どんなにレートが良くても、「両替に時間がかかって出発までに間に合わない」「偽造通貨をつかまされた」なんていうことになってしまっては、お得どころか大損になってしまいます。
お得かどうかは手数料だけで判断するのではなく、時間や手間、安全性や信用性など「お金に換算できないコスト」も含めて、考えるようにしましょう。